FX取引入門!TOP > 初めてに知っておこう > 大きく儲かる可能性があるだけリスクがある

大きく儲かる可能性があるだけリスクがある

 
FXは少額でも始められることからリスクが少なく、とっつきやすいという一面があり、資産運用初心者にも人気となっています。ですが、元での証拠金を大きくして取引することもでき、大きな利益を上げることも可能です。

反面、大きな取引は、為替が下落した際の損失も大きくなってしまいます。何の取引であってもそうですが、大きく儲けようとするとリスクが高まりやすいものです。FXもその範疇であり、FX初心者がちょっと色気を出して大きな取引をしてみたら大損したというケースも多々見られます。もちろんFXに手慣れた人であっても、大損してしまったという話も多く聞きます。

ローリスクな取引と言われることの多いFXではありますが、それは元手の小さいローリスクローリターン型の取引での話で、大きな取引なら他の資産運用より短時間で損することもあり得ます。FXに限らず、お金を使った取引を行う際には、どんなに慣れてもリスク管理と回避に努めていく必要があります。

為替相場の振れ幅が大きい


FXが短時間で損しやすい理由の一つとして、相場の変動が激しいというものがあります。ニュースなどでよく耳にする「円高ドル安」などといった相場ですが、ちょっと時間が空くと全然違う値に変わっていたりします。為替というものは変動が異様に激しいという一面があり、さっきまで高値で売れたはずの取引が一瞬で下落するということもない話ではありません。反対に、低迷気味だったのにそのうち高値で売りつけできるようになることもあります。つまりFXは瞬間の取引といっても過言ではなく、値動きに細心の注意を払って行動しないと損しかねないのです。

ストップ高やストップ安もない


FXの特徴として、ストップ高やストップ安が無いというものもあります。前述の変動率と照らわ合わせて考えると、結構恐ろしい事実です。値上がりは天井知らずですが、値下がりも底知らずなのです。そこまで大きく下落することも多くはありませんが、ありえない話でも無いので常に警戒する必要があるのです。
 

関連記事

大きく儲かる可能性があるだけリスクがある

FXは少額でも始められることからリスクが少なく、とっつきやすいという一面があり、資産運用初心者にも人気となっています。ですが、元での証拠金を大きくして取引することもでき、大きな利益...

市況に合わせて通貨を選ぼう

FXを行うう上で重要なアクションに、通貨の選択があります。FXは二つの通貨を売り買いし、その差額をプラスにすることで利益を出す資産運用ですから、通貨の選択を誤ると損失を出してしまう...

初心者にスキャルピングは向かない

FXには様々な儲け方が存在していますが、その中には初心者が手を出さないほうが良い方法もあります。そんな方法の一つとして知られるものに、「スキャルピング」というものがあります。 ...