FX取引入門!TOP > FXで大きく稼げる秘密 > 売りから入れる

売りから入れるについて

 
FXというと、日本円で海外の通貨を購入し、海外通貨の相場が上がった時に、海外の通貨を売却するといった取引を思い浮かべるかもしれません。実際に、日本円で海外の通貨を購入するといったケースは多く、金利の面からも有利という特徴があります。しかし、FXでは海外の通貨で日本円を買い、のちに日本円を売るという、いわば「売りから入る」という行為も可能となっています。

自分の手元にあるのが日本円なのに、どうして海外の通貨で日本円が買えるのかというと、その秘密はFXの仕組みにあります。自分の日本円で通貨を買っているように錯覚しますが、FXではそうではないのです。FXでは、自分の手元の日本円を証拠金としてFX会社に通貨を借り入れて、そのお金で海外の通貨を買っているのです。例えば日本円でユーロを買うという取引を行った際にも、ユーロを買った日本円は借りた日本円であって、自分の手元から出した日本円ではないのです。これと同じように、自分の手元の日本円を証拠金として、海外の通貨を借り、日本円を買う(海外の通貨を売る)ことが可能となっているのです。

日本円で海外の通貨を買うという選択肢しかないと、どうしても損する場面が発生してしまいます。しかし、まず海外通貨で売りから入って日本円を売るという選択肢が増えれば、読みさえ外れなければどんな場面にも対応できるようになるのです。

ショートポジションとロングポジション


前述の海外通貨で日本円を買う行為を、俗にショートポジションと言います。これは「USD/JPY」の関係で、米ドルで日本円を買う行為を指します。日本円以外にも、例えば「USD/EUR」でショートポジションというと、米ドルでユーロを買うことを指します。

逆にロングポジションというのは、「USD/JPY」の関係であれば、日本円で米ドルを買うといった、通常イメージされる方の取引を指します。「買いから入る」「売りから入る」というFXの特徴は、どの通貨にも共通しているのです。
 

関連記事

レバレッジ効果

FXは簡単な取引ながら大きく儲けることも可能な点がメリットで、初心者にも儲けやすいという特徴があります。FXが大きく稼げる理由の一つに「レバレッジ効果」というものがあります。レバレ...

スワップ金利

FXでの手堅い稼ぎ方の一つに、スワップ金利を利用した儲け方があります。これは通貨間の金利差を利用した儲け方で、「低い金利の通貨」で「高い金利の通貨」を買った際に毎日支払われる利益と...

売りから入れる

FXというと、日本円で海外の通貨を購入し、海外通貨の相場が上がった時に、海外の通貨を売却するといった取引を思い浮かべるかもしれません。実際に、日本円で海外の通貨を購入するといったケ...